バスで行く尾瀬ツアーの概要

尾瀬国立公園は、バスを使って高速道路でアクセスのしやすい関東地方北部に面している事から、バスツアーによる商品が旅行会社から多く発売されています。


日程は日帰り(深夜発・早朝発)・1泊2日からの泊まりプランに分かれており、日帰り深夜発プランを選択した場合は6時前から15時前後までが現地でのフリープランとなるので、日帰りであっても10km以上のトレッキングが可能となっています。
料金は1万円前後からとなっており、宿泊付プランであっても2万円前後から利用できます。

尾瀬のツアーのサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

泊まりのプランを利用する場合は、2日目も参加者が自由にスケジュールを設定できるフリープランになる事から、日帰りの行程の2倍は歩く事が可能です。


初日は山岳地帯を登山して、2日目は尾瀬沼・尾瀬ヶ原といった代表的なエリアを散策するといったスケジュール設定も可能なので、健脚自慢の方や何度も尾瀬に来ている方は泊まりのバスツアーを選ぶのがおすすめです。
宿泊で利用するのは国立公園内の山小屋である事から、湯船・シャワーが設置されてはいるものの石鹸・シャンプーといった製品は使用できません。


歯磨きも普段使っているような歯磨き粉は使用できないので注意しましょう。


トイレに関しては一般的な水洗トイレが利用できるので問題ありません。



自分が出したゴミの持ち帰りも必須となっており、大きめの容量のゴミ袋を複数持参すると燃えるごみ・不燃ごみの分別が簡単にできるので携行品の中に入れておきましょう。